情報錯綜、トヨタ エスティマ 次期型---FC専用車ではない

モータースポーツ レスポンス

『ベストカー』4月10日号

発行:講談社ビーシー / 講談社

定価:400円(本体370円+税)

スタイリッシュミニバンのトヨタ『エスティマ』。一時中断されていた開発が再開したと『ベストカー』4月10日号が伝えている。

現行型は登場してから13年たつが、2018年はホンダ『シビックHB』にも匹敵する販売台数、という『ベストカー』ならではの比較。次期エスティマが燃料電池駆動専用車となることはないが、その先を……、とスクープ班は分析している。

また、海外仕様がモデルチェンジした『ハイエース』についても、日本向けは「ズバリこっち!」と、紹介している。

「軽車両をなめるな!!」によると、荷物を運ぶ台車を酒に酔って押すと違反になるそうだ。トナカイに引っ張られるサンタクロースのそりは公道を走れるのか、犬ぞりで通勤できるのか。

気になる見出し……●先進ミニバン市場へエスティマ、参戦決定!●三菱の大反撃、始まる!●ランキング2019●欧州工場閉鎖で何が起こる!?●軽車両をなめるな!!●アノGT-Rじゃない『GTR』●新型ポルシェ911登場はそんなに「大事件」なの?●ももいろクローバーZと「静岡ドライプ」●発売とりやめになったクルマ列伝

  • 高木啓
  • 『ベストカー』4月10日号
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ