オートバックス、大分県と包括連携協定を締結 IoTで安心・安全を提供

テクノロジー レスポンス

オートバックスセブンは3月19日、同社初となる、地方自治体との“安心・安全”を軸とした包括連携協定を大分県と締結。交通安全や観光、地域防災など、8つの分野での連携を行う予定だ。

今回締結した包括連携協定では、「交通安全・地域交通」「介護福祉分野における移動支援・生活支援」「観光振興」「農業支援」「地位防災と防犯対策」「女性活躍推進・青少年の育成」「環境保全」「スポーツ振興・部活動支援・健康増進」の8項目について取り組みを検討し、大分県民のニーズに基づくサービスを提供し、県民生活の豊かさを追求する。

交通安全・地域交通では、安全運転サポート、カーシェアリング、船舶の自動運行による離島航路の維持、濃霧における安全運航環境の提供などを行う。また介護福祉分野における移動支援・生活支援では、高齢者見守りや視覚障がい者の外出支援、山間部におけるドローンの服用薬配達、AIロボットを活用した日常・遠隔会話支援を予定。観光振興では、トレッキング・登山者向けの入山管理・救助支援、観光地での訪問者数データ集計、ドローンを活用した観光地PRなどを実施する計画だ。

オートバックスセブンは、“安心・安全”をテーマとしたIoTサービスブランド「WEAR+i(ウェア アイ)」を立ち上げ、さまざまな生活シーンを豊かにする良質な商品・サービスを開発・展開。今回締結した大分県との包括連携協定には、WEAR+iにて提供予定のサービスも含まれており、大分県と連携しながらサービスの向上を図る。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • WEAR+iが目指すスマートシティ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ