ルノー日産三菱がコネクトサービス統合へ、マイクロソフトベースのクラウド開発

テクノロジー レスポンス

ルノー日産三菱(Renault-Nissan-Mitsubishi)は3月20日、マイクロソフトの「アジュール」(Azure)をベースにした「アライアンス インテリジェント クラウド」を開発した、と発表した。

アライアンス インテリジェント クラウドは、コネクテッドサービスの提供を可能とする新しいプラットフォームだ。ルノー日産三菱が進出している世界の200市場のほぼすべてで、コネクテッドサービス用のインフラとして、このクラウドを使用する。

このクラウドは、アライアンスとマイクロソフトの共同開発の成果。マイクロソフトのアジュールによるクラウド、人工知能(AI)、IoT(モノのインターネット)の技術を活用して展開する。アジュールは、コネクテッドカーから得られる膨大なデータに基づいて、高度なサービスの実現に必要な安全に車両データを保持、管理、分析するためのプラットフォームを提供する。

アライアンス インテリジェント クラウドを活用することにより、車両からインターネットへのアクセスがシームレスとなる。また、インフォテインメントサービスだけでなく、高度な遠隔診断、継続的なソフトウェアの展開、ファームウェアの更新も可能になる。

アライアンス インテリジェント クラウドは、スピードと効率向上に向けて最適化。世界中のさまざまな地域の顧客のために、車種やブランド横断で車両とつながり、デジタル機能や将来のイノベーションを共有する。このコネクテッドプラットフォームに集約される機能には、遠隔サービス、車両状況のモニタリング、コネクテッドナビ、コネクテッドアシスタンス、無線ソフトウェアアップデートなどのサービスが含まれる。

なお、アライアンス インテリジェント クラウドを活用する最初の車種は、ルノーの新型『クリオ』と、日本と欧州で販売される日産『リーフ』の一部モデルで、2019年後半からサービスを開始する予定。新型クリオとリーフは、マイクロソフトのコネクテッドビークル プラットフォームが大規模に利用される最初の車両になる、としている。

  • 森脇稔
  • 日産リーフ(欧州仕様)
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ