マツダ ロードスター30周年記念車、4月5日より商談予約受付開始 368万2800円より

新車 レスポンス

マツダは、特別仕様車「ロードスター30周年記念車」の商談予約受付を4月5日より専用ウェブページにて開始する。

ロードスター30周年記念車は、今年2月のシカゴオートショーで公開した世界3000台限定「Mazda MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」の国内仕様。販売台数はソフトトップの「ロードスター」とリトラクタブルハードトップの「ロードスターRF」を合わせて150台を予定している。

ボディカラーは、心が沸き立つ一日の始まりを予感させる朝焼けのようなオレンジ系の専用色「レーシングオレンジ」を採用。ブレーキキャリパーやレカロシート、ドアトリム、シフトレバーなどは、そのオレンジをアクセントとしたカラーコーディネートとしている。

そのほか、レイズ製鍛造アルミホイールやビルシュタイン製ダンパー(MT車のみ)、ブレンボ製フロントブレーキキャリパー、ニッシン製リアブレーキキャリパー、Boseサウンドシステム(AUDIOPILOT2)+9スピーカーなどを特別装備する。

価格はロードスター(6MTのみ)が368万2800円、ロードスターRは6MTが430万3800円、6ATが426万0600円。ウェブページでの商談予約受付期間は、ソフトトップモデルが4月5日から15日、リトラクタブルハードトップモデルが5月27日から6月10日となる。

なお、ソフトトップモデルは幕張メッセで開催される「オートモビル カウンシル2019」の会場にて、リトラクタブルハードトップはマツダブランド発信拠点「マツダブランドスペース大阪」にて、4月5日よりそれぞれ展示する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • マツダ・ロードスター30周年記念車
  • マツダ・ロードスター30周年記念車
  • マツダ・ロードスター30周年記念車
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ