三菱、日本郵便の集配車に軽EV『ミニキャブ・ミーブ バン』1200台を納入へ

業界 レスポンス

三菱自動車は、日本郵便の集配用車両として軽商用の電気自動車(EV)『ミニキャブ・ミーブバン』計1200台を、2019年秋より約2年間かけて順次納入する。

ミニキャブ・ミーブ バンは、『アイ・ミーブ』で実績のある駆動用バッテリーやモーター等を搭載した軽商用EVとして2011年12月に発売。EVならではゼロエミッション(CO2などの排出ガスゼロ)に加えて、動力性能、静粛性、快適性などにも優れている。

今回のEV納入は、日本郵便が2013年より試行してきた検証結果を踏まえたもの。納入車両は、一充電あたりの走行距離や広い荷室を十分に備えており、集配業務に有効利用できる。また、車体色を日本郵便のコーポレートカラー「ゆうせいレッド」とし、さらにガソリンを使わず電気で動くイメージデザインを施す予定。

ゼロエミッション車の活用により、温室効果ガス排出量の削減を目指す日本郵便の環境マネジメント推進にも寄与する。

  • 丹羽圭@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ