gooポイント 1,000ポイントプレゼント 中古自動車web問合せ限定キャンペーン
gooポイント 1,000ポイントプレゼント 中古自動車web問合せ限定キャンペーン

軽自動車新車販売、3.4%増の192万2997台で2年連続プラス 2018年度

業界 レスポンス

全国軽自動車協会連合会は4月1日、2018年度(2018年4月〜2019年3月)の軽自動車新車販売台数(速報)を発表。前年度比3.4%増の192万2997台と2年連続のプラスとなった。

車種別では、乗用車が同0.2%増の148万5865台、貨物車は同8.0%増の43万7132台でともに2年連続のプラス。貨物車の内訳は、ボンネットバンが同241.9%増の4万9196台で2年ぶりのプラス。キャブオーバーバンは同3.5%減の20万2201台で2年ぶりのマイナス、トラックは同2.6%増の18万5735台で2年連続のプラスだった。

メーカー別では、ダイハツが同0.1%減ながら61万0224台を販売し、13年連続トップとなった。ランキングは以下の通り。()内は前年度比。

1位:ダイハツ 61万0224台(0.1%減・2年ぶり減)

2位:スズキ 59万3669台(6.8%増・2年連続増)

3位:ホンダ 37万2793台(8.8%増・3年連続増)

4位:日産 18万4097台(1.8%減・2年ぶり減)

5位:三菱 5万7821台(2.1%増・2年連続増)

6位:マツダ 4万0499台(0.5%減・2年ぶり減)

7位:トヨタ 3万7245台(15.0%増・3年連続増)

8位:スバル 2万6568台(16.8%減・5年連続減)

  • 纐纈敏也@DAYS
  • スズキ・スペーシア/スペーシアカスタム《撮影 雪岡直樹》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ