レクサス初のミニバン登場か…上海モーターショー2019で新型車発表へ

新車 レスポンス

レクサス(Lexus)の台湾部門は、中国で4月16日に開幕する上海モーターショー2019において、新型車を初公開すると発表した。

この新型車は、レクサスが移動に関するさまざまな制約から、乗員を解き放つことを目指して開発するもの。「ラグジュアリースペース」をテーマに掲げており、現在のレクサスラインナップにおいて、最も室内空間の広いモデルになると見られる。

なお、この新型車については、レクサスブランド初のミニバンとの情報がある。トヨタの最上級ミニバン、『アルファード』をベースとし、中国と東南アジア専用車として、レクサスがミニバン市場に参入する可能性が伝えられている。

実現すれば、メルセデスベンツ『Vクラス』と競合するミニバンになりそうだ。レクサスの台湾部門は、この新型車のティザーイメージを1点公開。スピンドルグリルに3連ヘッドライト、L字型のLEDデイタイムランニングライトを備えた表情が見て取れる。

  • 森脇稔
  • トヨタ ・アルファード(参考画像)
  • トヨタ・アルファード(参考画像)
  • メルセデスベンツVクラス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ