日産、次世代デザインの開発を強化…新デザインセンターを中国上海に移転開設へ

業界 レスポンス

日産自動車(Nissan)の中国部門は4月4日、世界に5拠点あるデザインセンターのひとつ、「日産デザインチャイナ」を北京から上海へ移転すると発表した。

日産は2005年、上海でデザインオフィスを開設した。その後2011年に北京に日産デザインチャイナを設立。2013年には規模を拡大した。移転先である上海の新デザインセンターには現在およそ50名のデザイナーが在籍。2020年までに80名に増員することを計画している。

日産デザインチャイナでは、世界最大の自動車市場である中国をはじめ、世界各国の顧客に向けた次世代デザインの開発を強化していく。また、デザインを通じて、より安全で持続可能性があり、さまざまなモノと繋がるモビリティを実現する車や技術を社会に提供することを目指す。

中国のデザインチームは、2013年に初公開されたコンセプトカー、『フレンド・ミー』や、フレンド・ミーがベースの量産モデル、『ラニア』のデザインを手がけた。さらに、中国汽車工程学会と協力して、中国の若手デザイナーの育成に取り組んでいる。

  • 森脇稔
  • 日産デザインチャイナ
  • 日産デザインチャイナ
  • 日産デザインチャイナ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ