VWグループ、電動化戦略に準備…リチウムの長期的な供給契約で合意

エコカー レスポンス

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は4月5日、電動化戦略への準備として、中国のガンフォンリチウム社との間で、長期的にリチウム供給を受ける契約を締結することで合意した、と発表した。

フォルクスワーゲンが電動化戦略の中心に据えるのが、「ID.」ファミリーだ。最初の市販モデルとして、『ゴルフ』セグメントに属するコンパクトEVのID.を2020年に発売する予定。これに続いて、SUVセグメントには『ID. CROZZ』を投入する計画で、さらにMPVの『ID. BUZZ』を順次、市場に導入していく。

フォルクスワーゲングループは電動化戦略を加速させており、2028年までに全世界で2200万台の電動パワートレイン車を販売する。これは当初計画の1500万台に対して、およそ5割増の計算だ。

この計画の達成に向けて、電動パワートレイン車のラインナップを拡充する。2028年までの今後10年間に、新たな電動パワートレイン車を70車種、発売していく。これは当初計画の50車種に対して、4割増となる。

フォルクスワーゲングループによると、世界のリチウム需要は2023年までに、現在の2倍以上になると予想されているという。今回のガンフォンリチウム社との合意は、フォルクスワーゲングループのサプライチェーンの安全性確保における重要なマイルストーン、としている。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲン ID.の開発プロトタイプ
  • VWグループと長期的なリチウム供給契約で合意した中国のガンフォンリチウム社の公式サイト
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ