gooポイント 1,000ポイントプレゼント 中古自動車web問合せ限定キャンペーン
gooポイント 1,000ポイントプレゼント 中古自動車web問合せ限定キャンペーン

VWがAGLに加盟、コネクト共通車載プラットフォーム開発へ…トヨタも参画

テクノロジー レスポンス

コネクテッドカー向けのオープンプラットフォームを開発するオートモーティブ・グレード・リナックス(AGL)は4月8日、フォルクスワーゲンが加盟した、と発表した。

オートモーティブ・グレード・リナックスは、オープンソースのソフトウェア開発を推進するプラットフォーム共同開発プロジェクトだ。インフォテインメント、テレマティックス、インストルメント クラスター アプリケーション向けの業界標準になり得る共通のプラットフォーム開発において、130社を超えるメンバー企業が協力している。

日本の自動車メーカーでは、トヨタ自動車、ホンダ、マツダ、SUBARU(スバル)、スズキが参画。業界全体でオープン プラットフォームを採用することにより、自動車メーカーとサプライヤーが同じコードベースを共有、再利用でき、その結果、開発コストを削減し、新製品の市場投入までの時間を短縮することを目指す。

このオートモーティブ・グレード・リナックスに今回、フォルクスワーゲンが加盟した。フォルクスワーゲンはオートモーティブ・グレード・リナックスに参加し、コミュニティのメンバーとして、共通の車載Linuxプラットフォーム開発を行う、としている。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲンの最新コネクト(参考画像)
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ