レクサス初のミニバンは『LM』、トヨタ アルファード がベースの可能性…上海モーターショー2019で発表へ

新車 レスポンス

レクサスの中国部門は4月9日、中国で4月16日に開幕する上海モーターショー2019において、レクサス『LM』(Lexus LM)を初公開すると発表した。

レクサスLMは、レクサスブランド初のミニバンだ。レクサスの車名に「L」を冠するモデルには、最上級サルーンの『LS』、最上級SUVの『LX』、最上級クーペの『LC』がある。LMは、レクサスブランドの最上級MPVを意味する。

レクサスによると、LMはドライバーや乗員をコネクトする新しいスタイルのMPV。洗練された職人技によるインテリアは、快適な乗り心地や自宅にいるかのような雰囲気を備え、リラックスしたり、インスピレーションを得たりする場所になるという。

なお、レクサスの中国部門は、LMのティザーイメージを1点公開した。ルーフラインや全体のシルエットなどから、トヨタ『アルファード』がベースの可能性が高いといえる。

  • 森脇稔
  • トヨタ・アルファード(参考画像)
  • トヨタ・アルファード(参考画像)
  • トヨタ・アルファード(参考画像)
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ