フィアット500X マイナーチェンジ、新世代1.3リットルターボを搭載

新車 レスポンス

FCAジャパンは、フィアットのスモールSUV『500X』をマイナーチェンジし、5月18日から販売を開始する。

デビューから4年目となる500Xは、今回のマイナーチェンジで、フィアット初採用となる新世代のオールアルミ製1.3リットル直列4気筒ファイアーフライターボエンジンを搭載する。燃焼室形状の最適化や、フィアット独自技術であるマルチエアの進化により、最高出力は従来モデル比で11ps増の151ps、最大トルクは20Nm増の270Nmを発生。燃費は従来の1.4リットルターボエンジンに比べて約10%向上している(欧州計測参考値)。

エクステリアでは、前後バンパーを一新。SUVらしさを強調するクロススタイルを採用し、親しみやすいデザインの中にも力強さを表現している。新デザインのヘッドライトのほかドライビングライトやリアコンビネーションランプはLED式へと変更(500Xクロスのみ)。デイタイムドライビングライトおよびポジショニングライトは上下で分割し、「500」のロゴをモチーフとしたデザインを採用する。

装備面では、レザーハンドルや前席シートヒーター、クルーズコントロール、デュアルゾーン式フルオートエアコン、Apple CarPlay/Android Auto対応の7インチタッチパネルモニター付インフォテインメントシステム「Uconnect」を搭載。さらに、クラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付の前面衝突警報、車線逸脱警報、リアパーキングカメラなど、安全装備も全車標準採用する。

上級グレードの500Xクロスでは、さらに充実した装備を採用。LEDヘッドライトやレザーシート(前席8ウェイパワーシート付)、パドルシフト、アダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットモニター、フロントパーキングセンサーなど、快適装備を充実させた。

価格は500X(受注生産)が298万円、500Xクロスが334万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ