ジープ グラディエーター に大胆なドア&ルーフレス仕様…オープンコンセプト発表へ

新車 レスポンス

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)のジープブランドは4月8日、米国で4月13日に開幕する「イースター・ジープ・サファリ」において、コンセプトカーのジープ『グラディエーター グラビティ』(Jeep Gladiator Gravity)を初公開すると発表した。

イースター・ジープ・サファリは今年で53回を数えるジープファンに向けた恒例のイベントだ。米国ユタ州グランド郡のモアブ国立公園で開催され、ジープの優れた悪路走破性が体験できるイベントとして人気が高い。

グラディエーター グラビティは、ジープの27年ぶりのピックアップトラック、『グラディエーター』をベースに、Moparブランドの「ジープパフォーマンスパーツ」でカスタマイズを施したコンセプトカー。Moparは、FCAの純正用品のブランド名だ。

目を引くのは、ほぼオープン化されたボディ。ジープパフォーマンスパーツのスチールチューブドア、フロントガラスを固定するダウンストラップなどを装着。爽快なオープンエア走行を可能にしている。

荷台部分では、Moparのクロスレールバーの上に、バスケットを固定した。ロープやヘルメット、靴など、ロッククライミング用品が積載できる。その下には、Mopar の収納システムがあり、二重スライド式引き出しが多くの収納スペースを生み出す。

ジープパフォーマンスパーツのリフトアップキットにより、車高はおよそ50mmアップ。35インチタイヤを組み合わせて、オフロード性能を追求している。

  • 森脇稔
  • ジープ・グラディエーター・グラビティ
  • ジープ・グラディエーター・グラビティ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ