BMWグループの電動車世界販売0.7%増、i3 は過去最高実績…2019年第1四半期

エコカー レスポンス

BMWグループ(BMW Group)は4月11日、2019年第1四半期(1〜3月)の電動車両(EVおよびプラグインハイブリッド車)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は2万7044台。前年同期比は0.7%増とプラスを維持した。

BMWグループの電動車両には、「i」ブランドのEVおよびプラグインハイブリッド車(PHV)の『i3』と、PHVスポーツカーの『i8』がある。

また、BMWブランドでは、『2シリーズ アクティブ ツアラー』、『3シリーズ』、『5シリーズ』、『7シリーズ』、『X5』に、プラグインハイブリッド車(PHV)を用意している。

さらに2017年夏には、MINI『クロスオーバー』のプラグインハイブリッド車(PHV)、MINI 『クーパー S E ALL4』を発売。BMW、MINI、BMW iの3ブランドで電動車両を展開している。

車種別の2019年第1四半期実績では、i3が第1四半期としては過去最高の9227台を売り上げた。前年同期比は16.2%増と2桁増を達成する。2シリーズ アクティブ ツアラーは、全販売台数の4分の1以上がPHVに。MINIクロスオーバーでは、全体のほぼ20%がPHVだった。

BMWグループの2018年の電動車両の世界新車販売の台数は過去最高の14万2617台。前年比は38.4%増と大きく伸びている。

  • 森脇稔
  • BMW2シリーズ アクティブ ツアラーのPHV「225xe」
  • MINIクロスオーバーPHV
  • BMW i8
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ