リコール総届出件数は2年連続増の408件、対象台数は821万7340台 2018年度

テクノロジー レスポンス

国土交通省は4月12日、2018年度(2018年4月〜2019年3月)の自動車リコール総届出件数および台数(速報値)を発表。件数は前年度比31件増の408件、台数は同51万7010台増の821万7340台だった。

リコール件数は2年連続の増加で、三菱自動車のリコール隠し問題で揺れた2004年度に次ぐ過去50年間で2番目の多さとなった。総届出件数の内訳は国産車が同26件増の230件、輸入車が同5件増の178件。

2018年度で対象台数が最も多かったのは、トヨタ『プリウス』他3車種の「ハイブリッドシステムが停止し走行不能のおそれ」で124万9662台。2位も同じくプリウス他3車種の「電気配線の干渉による火災のおそれ」で55万3870台、3位はスズキ『ワゴンR』他2車種の「ステアリング操作力増大のおそれ」で50万7118台だった。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 自動車のリコール総届出件数及び総対象台数の年度別推移
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ