スバル、米国生産400万台を達成…日本国外唯一の生産拠点

業界 レスポンス

SUBARU(スバル)の米国部門は4月24日、スバルブランド車の米国生産台数が400万台を達成したと発表した。

スバルは1989年9月、米国インディアナ州のスバル・いすゞオートモーティブ(現スバル オブ インディアナ オートモーティブ:SIA)において、『レガシィ』の生産を開始した。SIAは、スバルの日本国外における唯一の生産拠点となる。

SIAでは現在、レガシィ(日本名:『レガシィB4』)、『アウトバック』(日本名:『レガシィアウトバック』)、『インプレッサ』を生産。また、北米専用の3列シートSUV、『アセント』も組み立てている。

スバルは北米市場での販売が好調に推移する中、SIAでの生産能力増強を図ってきた。操業を開始した1989年の生産能力は、年間6万7000台。現在では、およそ37万台の年産能力を備えている。

  • 森脇稔
  • スバル オブ インディアナ オートモーティブからスバルの米国生産400万台目となったアウトバックがラインオフ
  • スバル オブ インディアナ オートモーティブからスバルの米国生産400万台目となったアウトバックがラインオフ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ