フォードモーターの純利益34%減、モビリティ部門の売上高は1.5倍に 2019年第1四半期決算

業界 レスポンス

フォードモーター(Ford Motor)は4月25日、2019年第1四半期(1〜3月)の決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は403億4200万ドル(約4兆5045億円)。前年同期の419億5900万ドルに対して、3.9%減少した。

また、第1四半期の純利益は、11億4600万ドル(約1280億円)。前年同期の17億3600万ドルに対して、34%の大幅な減益となっている。

そんな中、第1四半期の部門別の業績では、モビリティ部門の売上高が、1.5倍に増加した。フォードモーターは自動運転やモビリティサービスへの投資が増えた、としている。

フォードモーターのジム・ハケット社長兼CEOは、「目標は世界で最も信頼される自動車メーカーになること。スマートな社会のために、スマートな車をデザインしていく」と述べている。

  • 森脇稔
  • フォードモーターの自動運転テスト車両
  • フォードモーターの自動運転テスト車両
  • フォードモーターの自動運転テスト車両
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ