京セラ社長、「スマホの落ち込み分を5Gの基地局とADAS向けの部品でカバーしたい」[写真1]

  • 京セラの谷本秀夫社長《撮影 山田清志》
  • 事業セグメント別の利益《撮影 山田清志》

京セラの谷本秀夫社長は4月26日、都内で行った2019年3月期決算説明会で、次世代通信規格の5G基地局と先進運転支援システム(ADAS)向けの部品需要が伸びると見て、さらに力を入れて収益の拡大を目指す考えを示した。

レスポンス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ