BMWの高性能モデル「M」、電動パワートレイン車を初設定へ

エコカー レスポンス

BMWグループ(BMW Group)は5月7日、ドイツで開催した2019年第1四半期(1〜3月)決算発表において、BMW Mに電動パワートレイン車を設定すると発表した。

BMW Mは、BMWの高性能モデル。『2シリーズクーペ』ベースの『M2クーペ』、『3シリーズセダン』ベースの『M3セダン』、『4シリーズ』ベースの『M4』、『5シリーズセダン』ベースの『M5』、『X3』ベースの『X3M』、『X4』 ベースの『X4M』などがある。

これまで、BMW Mには、電動パワートレイン車は用意されていなかった。しかし、メルセデスベンツの高性能車、メルセデスAMGが新たに投入した「53」シリーズにマイルドハイブリッドを採用。アウディも高性能な「S」シリーズに、電動コンプレッサーの採用を進めている。

そこでBMW Mも、電動パワートレイン車の初搭載に踏み切る。すでに多くのBMWシリーズに導入しているプラグインハイブリッド車(PHV)の高性能モデルなどが見込まれている。

  • 森脇稔
  • BMW X4M コンペティション(参考画像)
  • BMW X3M コンペティション(参考画像)
  • BMW M2コンペティション(参考画像)
  • BMW M4クーペ(参考画像)
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ