EV・PHVと住宅の双方向で給電 デンソーが装置を発売

エコカー レスポンス

デンソーは5月10日、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)と住宅の双方向給電装置「V2H-充放電器」を開発し、販売を開始したと発表した。

V2H-充放電器を活用することで、電気料金の安い夜間に車両に充電した電気を昼間に使用することができ、電気料金の節約が可能。停電時でも車両に貯めた電気を住宅で活用できる。太陽光発電で作った電気を車両に貯めることで、電気を有効活用することも可能。

200V普通充電器の約2倍のスピードで充電できる倍速充電機能を備えてる。最大約6kVAの出力で、停電時でも普段に近い暮らしが可能な電力を供給できる。

5月9日に発売された5人乗りに改良したトヨタの『プリウスPHV』でも利用可能。

  • レスポンス編集部
  • V2H-充電器の車両接続イメージ《画像 デンソー》
  • 住宅・車両との接続時の電気の流れ《画像 デンソー》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ