コンチネンタルが新開発ターボ、リング触媒は世界初…国際エンジンシンポジウムで発表へ

業界 レスポンス

コンチネンタル(Continental)は5月15日、オーストリアで開催される「第40回ウィーン国際エンジンシンポジウム」において、新開発のターボチャージャーを初公開すると発表した。

ウィーン国際エンジンシンポジウムは、毎年開催されている。自動車業界の主要企業が参加し、電動モビリティなどの最新ソリューションを紹介する。

コンチネンタルは、今年のウィーン国際エンジンシンポジウムにおいて、新開発のターボチャージャーを初公開する。このターボは、世界初のリング触媒ターボチャージャーだ。「RAAX」(ラジアル軸流)ターボチャージャーに、コンチネンタルのリング触媒技術を組み合わせた。

タービンを通過した後、排ガスは円錐形の混合パイプに流れ込み、理想的な圧力回復を可能にする。このパイプの端部で、排気マスフローは方向を変えられ、混合管を囲むリング状の三元触媒を通過する。

従来のターボチャージャーでは、排ガスがタービンを離れると急速に膨張して流体力学的損失が発生し、効率に影響を与える。これを解決するのが、リング触媒ターボチャージャーだ。

ウェイストゲートからの排ガスは、混合管の周囲の環状間隙を通って供給され、タービンインペラを出る排ガス流との低損失混合を促進する。その結果、排ガス温度分布は、触媒に到達した時に均一になる。コンチネンタルは、触媒の効率と耐用年数の両方に良い効果を与える、としている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ