BMWグループ、新型EVを5車種発売へ…2021年までに

エコカー レスポンス

BMWグループ(BMW Group)は5月16日、2021年までに新型EVを5車種、発売する計画を発表した。

この計画は、2025年までに25の電動車両を投入することを柱にしたBMWグループの電動化戦略の一環だ。25車種のうち、12車種はEVとなる予定。残りの13車種については、プラグインハイブリッド車(PHV)やハイブリッド車になる。

具体的には、2019年内に英国オックスフォード工場において、MINIブランドのEVの生産を開始する。2020年には、BMWブランド初の市販EVとして、『X3』ベースの『iX3』を中国の瀋陽工場で生産開始する。2021年には、新型EVのBMW 『iNEXT』を発表予定。『i4』も2021年、ドイツの2工場で生産を開始する計画だ。

BMWグループ取締役会のハラルド・クルーガー会長は、「フルEVとプラグインハイブリッド車の両方で、eモビリティを推進する。燃料電池などの新しい技術にも投資していく」と述べている。

  • 森脇稔
  • BMW i4 の開発プロトタイプ車《photo by BMW》
  • BMW iX3 の開発プロトタイプ車《photo by BMW》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ