アウディ、サービス技術者向けVRプログラムを全世界で導入へ…初のEV『e-tron』で

エコカー レスポンス

アウディは5月17日、ブランド初の市販EVの『e-tron』(Audi e-tron)の本格販売開始に向けて、サービス技術者やテクニカルトレーナー向けのVRプログラムを全世界で導入すると発表した。

すでにアウディは、ドイツで開発されたVRヘッドセットを装着し、アウディ車の仮想体験ができるプログラムを導入している。高性能VRヘッドセットの「HTC Vive」にトラッキングシステムを組み合わせることにより、アウディはVRテクノロジー体験を可能にした。

顧客は興味のある車両を好みの仕様に変え、仮想空間上で確認することができる。また、車両の周囲を確認したり、運転席や助手席に座ったり、インテリアの各部分を間近に観察することも可能。エンジンルームの中を覗き見ることもできる。

アウディは今回、ブランド初の市販EVのe-tronの本格販売開始に向けて、サービス技術者やテクニカルトレーナー向けのVRプログラムを全世界で導入すると発表した。

たとえば、サービス技術者は、e-tronの高電圧バッテリーの取り扱いを仮想空間で練習できる。プロセストレーニングコースでは、バッテリーを開く方法、スイッチボックスを交換する方法などをVRで学ぶ。

VRトレーニングの利点は、デジタル技術のおかげで、世界中の市場で効率的に、迅速かつ高いレベルでトレーニングコースを実施できることにある。さらに、従業員は危険を伴わずに、仮想空間内で新しいテクノロジーについて学ぶことができる。トレーニングのスピードを自分で決めることも可能。言語は英語、スペイン語、フランス語などに対応している。

  • 森脇稔
  • アウディ e-tron《photo by Audi》
  • アウディ e-tron《photo by Audi》
  • アウディ e-tron《photo by Audi》
  • アウディ e-tron《photo by Audi》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ