トヨタ グランビア の名前が17年ぶり復活…海外向け、ハイエース 新型ベース

新車 レスポンス

トヨタ自動車は5月21日、新型『グランビア』(Toyota Granvia)をオーストラリアで発表した。

◆現在のアルファードのルーツ、初代グランビアは1995年に発表

初代グランビアは1995年、日本国内でデビューした。トヨタの最上級ミニバンとして投入されたが、1997年に日産が『エルグランド』を発売すると、販売面では劣勢に立たされた。

そこでトヨタは、1997年に5ナンバーボディの『ハイエースレジアス』、1999年のマイナーチェンジ時には、グランビアの兄弟車『グランドハイエース』、ハイエースレジアスの兄弟車『ツーリングハイエース』を投入した。しかし、合計4車種をもってしても、エルグランドを超える人気を獲得できず、2002年に生産を終了した。

2002年、トヨタは後継車として『アルファード』を発表した。乗用車ライクな乗り味や豪華な内装、押し出しの強いフロントマスクなどがユーザーに好評で、後に登場した兄弟車の『ヴェルファイア』とともに、エルグランドを上回る販売台数を維持している。

◆海外向け新型ハイエースをベースにした乗用ワゴンとして復活した新型グランビア

トヨタは今回、オーストラリアで新型グランビアを発表した。グランビアの車名が復活するのは、2002年以来、17年ぶりとなる。

新型グランビアは、トヨタが2019年2月、フィリピンで発表した海外向けの『ハイエース』新型がベースだ。新型ハイエースは、刷新された専用プラットフォームにより、快適性を大幅に向上させるとともに、優れた安全性を実現。顧客の日常生活やビジネスに活用できる高い基本性能と耐久性を追求している。

この海外向け新型ハイエースをベースにした乗用ワゴンとして登場したのが、新型グランビアだ。外観は新型ハイエースに対して、メッキを強調した専用フロントグリルが与えられており、押し出し感を演出する。バンパーもボディ同色に変更され、商用車感を払拭した。ホイールも専用デザインとしている。

新型ハイエース同様、セミボンネット化したパッケージを生かしながら、信頼感や力強さ、機能美を追求した。快適で先進的な空間を連想させるエクステリアデザインにしたという。

◆インテリアは商用車の新型ハイエースとは異なるラグジュアリーな仕上げ

インテリアは、商用車の新型ハイエースとは異なるラグジュアリーな仕上がり。最大で8名乗車が可能だが、2列目シートはキャプテンシートも選択でき、乗員がリラックスして着座できる。リアサスペンションは、4リンクとして、乗り心地を追求した。コネクティビティの面では、最新世代のマルチメディアシステムを採用。4つのUSBポートと12個のスピーカーを装備することができる。

安全面では、最新の「トヨタ・セーフティ・センス」を導入する。歩行者および昼間の自転車検出機能を備える。アクティブクルーズコントロール、プリコリジョンセーフティシステム(PCS)、9個のエアバッグなども採用している。

また、環状骨格構造採用による優れたボディ剛性など、TNGAの設計思想に基づく新設計ボディを採用した。これにより、乗り心地や静粛性を大きく向上させるとともに、優れた安全性を実現する。各国のさまざまな道路環境においても安心・安全を感じられる高い耐久性と長距離走行でも疲れない快適な室内も追求している。

なお、新型グランビアは2019年第4四半期(10〜12月)、オーストラリア市場に投入される予定だ。パワートレインは1種類、グレードは2種類を設定する、としている。

  • 森脇稔
  • トヨタ・グランビア 新型《photo by Toyota》
  • トヨタ・グランビア 新型《photo by Toyota》
  • トヨタ・グランビア 新型《photo by Toyota》
  • トヨタ・グランビア 新型《photo by Toyota》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ