NTTデータとRESTEC、デジタル3D地図を開発

テクノロジー レスポンス

NTTデータと人リモート・センシング技術センター(RESTEC)は5月23日より、日本全土をカバーするデジタル3D地図「AW3D日本全国高精細3D地図」を販売する。

日本国内では、無線ネットワーク・防災計画などのシミュレーション、航空機・ドローンの運行管理、都市・交通計画などで、広域なデジタル3D地図の要望が高まっている。こうした状況を受け、AIやクラウドなど、先端技術の活用でAW3D作成技術の高度化が進んでいることから、NTTデータとRESTECは「AW3D日本全国高精細3D地図」を開発した。

「AW3D日本全国高精細3D地図」は位置精度が地図縮尺1/2500相当と正確で、地形データ、衛星画像、建物3Dデータは位置ズレなく重なり、座標・高さの計測が可能。また、50cm解像度の三次元情報により、日本全国の細かな地形起伏を把握することができ、物量・勾配計算、各種シミュレーションが可能。定期的なデータの更新を行うため、最新の情報を必要とする業務に活用できるとしている。

交通関連では、道路ネットワークデータの作成、道路勾配の把握、交差点などの交通関連地物の座標・高さを把握することなどに活用できる。

  • レスポンス編集部
  • 30〜40cm解像度衛星画像(オルソ画像)《画像 NTTデータ》
  • 建物3Dデータ《画像 NTTデータ》
  • テクスチャ付建物3Dデータ(オプション)《画像 NTTデータ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ