ダイムラーの組織再編、株主総会で承認…新会社メルセデスベンツは11月発足へ

業界 レスポンス

ダイムラー(Daimler)は5月22日、ドイツで年次株主総会を開催し、組織再編が株主から承認を得た、と発表した。

この組織再編では、ダイムラーを持ち株会社とし、その傘下にメルセデスベンツ、ダイムラートラック、ダイムラーモビリティの3社を置く。乗用車主体のメルセデスベンツ、商用車主体のダイムラートラック、モビリティサービスと金融部門主体のダイムラーモビリティに分社化し、法的に独立した事業体を創出することにより、グループの企業体質をさらに重視し、強化することを目指す。

組織再編後に誕生する新会社、メルセデスベンツのCEOには、メルセデスベンツ乗用車部門を統括するオーラ・ケレニウス取締役が就任する。また、もうひとつの新会社のダイムラートラックのCEOには、マーティン・ダウム氏が就任する。ダイムラーのディーター・ツェッチェCEOは、この新体制への移行のタイミングで退任。その後は、オーラ・ケレニウス氏が、メルセデスベンツとダイムラーの両CEOを兼務する。

なお、新会社のメルセデスベンツの発足時期については、2019年11月1日を目指している。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ