国産杉の間伐材を利用した射出材、トヨタ車体が展示…人とくるまのテクノロジー2019[写真2]

  • 国産杉の間伐材を活用する技術。《撮影 中込健太郎》
  • TABWD(タブウッド)を使用したコアハニカムの活用は環境にいいだけではなくアルミより軽量化を実現したりもしている。《撮影 中込健太郎》
  • タブウッドを熱プレスによる二次加工した製品。《撮影 中込健太郎》
  • ウェルキャブの進化はユーザーの声を反映している。《撮影 中込健太郎》
  • 回転しながらシートがせり出すタイプは、より省スペースでの乗降のサポートを可能にしている。《撮影 中込健太郎》
  • 簡単でシンプルでわかりやすい。みんなが使うリモコンもフレンドリーでかわいらしいとさえ表現したくなる。シート昇降用リモコン。《撮影 中込健太郎》
  • 一般的な駐車スペースを想定して開発されたそうだ。《撮影 中込健太郎》
  • やみくもに「多いことがいい」とは限らない福祉車両の機能。省スペースで可能にすることも立派なアドバンテージ。《撮影 中込健太郎》

人とくるまのテクノロジー展、トヨタ車体のブースでは興味深い素材が来場者の注目を集めていた。国産杉の間伐材を補強繊維として利用した射出材料『TABWD』(タブウッド)だ。

レスポンス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ