【マツダ3 新型】パイオニア製スピーカーシステムを採用 クリアな音質を実現

テクノロジー レスポンス

パイオニアは5月24日、同社のスピーカーシステムが、新型『マツダ3』のオーディオシステム「マツダ・ハーモニック・アコースティックス」に採用されたと発表した。

マツダ・ハーモニック・アコースティックスは、8個のスピーカーで構成される音質にこだわり抜いたサウンドシステム。高音質パーツの採用に加え、マツダの構想に基づき、ウーファーをフロントドアではなくカウルサイド(車両前方コーナー)に設置、最適化することで音の伝搬効率を向上させるとともに、ノイズを大幅に低減している。

音にこだわった製品を生み出してきたパイオニアの音響技術・ノウハウと、マツダのサウンドアーキテクチャに基づいたスピーカーレイアウトを組み合わせることで、原音に忠実でクリアな音質を実現した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 1:Aピラー 2.5cm Tweeter x 2、2:フロントドア 8cm Midrange x 2、3:カウルサイド 12cm Box Woofer x 2《写真 パイオニア》
  • マツダ3新型《撮影 野口岳彦》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ