VWグループ、自動運転車の開発を促進…「スマートシティプロジェクト」発表

業界 レスポンス

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は5月27日、自動運転車の開発を促進する「スマートシティプロジェクト」を発表した。

スマートシティプロジェクトは、将来のモビリティソリューションの開発に焦点を当てるのが狙いだ。フォルクスワーゲングループは、中国の安徽省の合肥市政府やJAC(安徽江淮汽車)などと新たな戦略的提携を結び、都市における将来のモビリティをテストし、スマートモビリティソリューションを開発していく。

フォルクスワーゲングループは、この戦略的提携により、自動運転車の開発を促進する。フォルクスワーゲングループと各パートナーは、それぞれのノウハウを持ち寄り、自動運転車などの自律型モビリティサービスの実用化を目指す。

安徽省の合肥市の人口は、およそ800万人。フォルクスワーゲングループはこのパートナーシップによって、最先端のスマートシティを構築する、としている。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲンのレベル4の高度な自動運転車の公道テスト《photo by Volkswagen》
  • フォルクスワーゲンのレベル4の高度な自動運転車の公道テスト《photo by Volkswagen》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ