gooポイント 1,000ポイントプレゼント 中古自動車web問合せ限定キャンペーン
gooポイント 1,000ポイントプレゼント 中古自動車web問合せ限定キャンペーン

BMW C650GT など、リアブレーキホースが損傷するおそれ…対策品不具合発覚で再リコール

モーターサイクル レスポンス

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は5月28日、メガスクーターBMW『C650GT』などのブレーキホースに不具合があるとして、国土交通省に再リコール(回収・無償修理)を届け出た。

同社は2016年2月18日、すでにリコールを届け出ているが、対策品に不具合が判明したため、対象範囲を拡大し再度対策を行う。

前回のリコールでは、『C600S』と『C650GT』の2車種のみが対象だったが、今回、『C650スポーツ』を追加。2012年2月24日から2015年4月29日までとしていた製造期間も2018年8月22日までに拡大。対象台数は前回の1288台から2482台となった。

不具合の要因は、フロントブレーキホースとパイプとのかしめ部の形状が不適切なため、ブレーキホースが過大に屈折することがあるというもの。そのため、繰り返しの負荷によりブレーキホースが損傷し、最悪の場合、ブレーキオイルが漏れ、制動力が低下するおそれがある。

改善措置として、全車両、対策品のブレーキホースに交換する。

不具合は2件発生、事故は起きていない。市場およびドイツ本国からの情報によりリコールを届け出た。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 改善箇所《画像 国土交通省》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ