ポルシェ初のEV、タイカン の発売準備…超急速充電ネットワークが欧州100か所に拡大

エコカー レスポンス

ポルシェは(Porsche)は5月28日、合弁事業として参画している超急速充電ネットワークが、欧州100か所に拡大した、と発表した。

ポルシェが合弁事業として参画している超急速充電ネットワークが、「イオニティ」(IONITY)だ。BMWグループ、ダイムラー、フォルクスワーゲングループ(アウディとポルシェを含む)、フォードモーターが共同で設立し、電動パワートレイン搭載車向けの超急速充電ネットワークを整備している。

イオニティは、電動パワートレイン車の長距離走行を可能にするために、多数の充電ステーションの迅速な構築を目標としている。これは、電動車の普及に向けた重要なステップになる。イオニティのハイパワー充電ポイント、「HPC」では、出力350kWで急速充電が行える。

ポルシェはこのイオニティが、欧州100か所に拡大したと発表した。ポルシェは2019年9月、初のEVスポーツカーのタイカンを発表し、2019年年内に納車を開始する計画だ。イオニティの拡大は、タイカン発売に向けた準備となる。

  • 森脇稔
  • ポルシェ・タイカンの開発プロトタイプ車《photo by Porsche》
  • ポルシェ・タイカンの開発プロトタイプ車《photo by Porsche》
  • ポルシェ・タイカンの開発プロトタイプ車《photo by Porsche》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ