アウディが電動モデルの世界販売目標を上方修正---全体の40%を電動化へ 2025年までに

エコカー レスポンス

アウディ(Audi)は、ドイツで開催した年次株主総会において、EVやプラグインハイブリッド車などの電動モデルの世界販売目標を、上方修正すると発表した。

アウディは電動化やデジタル化、自動運転を促進する目的で、2023年末までにおよそ140億ユーロを投資する計画だ。電動化に関しては2025年までに、アウディは全世界の主要な市場において、およそ20の電動モデルを発売し、その半数をEVとする。さらに、電動モデルの世界販売台数を、全体の約3分の1にすることを目指していた。

アウディは年次株主総会において、EVやプラグインハイブリッド車などの電動モデルの世界販売目標を、上方修正すると発表した。2025年までに達成する電動モデルの販売比率を、従来目標の全体の約3分の1から、約40%に引き上げている。

アウディはこの新たな目標に連動して、2025年までに、アウディの製品ラインアップに30以上の電動モデルを投入し、そのうちの20モデルをEVにする、としている。

  • 森脇稔
  • アウディ e-tron《photo by Audi》
  • アウディ e-tron《photo by Audi》
  • アウディ e-tron《photo by Audi》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ