gooポイント 1,000ポイントプレゼント 中古自動車web問合せ限定キャンペーン
gooポイント 1,000ポイントプレゼント 中古自動車web問合せ限定キャンペーン

ウーバー、上場後初の決算は赤字転落…2019年第1四半期

業界 レスポンス

配車サービス大手のウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies)は5月30日、2019年第1四半期(1〜3月)の決算を発表した。5月10日の株式上場後、初の決算発表となる。

同社の発表によると、2019年第1四半期の売上高は、30億9900万ドル(約3390億円)。前年同期の25億8400万ドルに対して、19.9%増加した。

一方、2019年第1四半期の最終損益は、10億1200万ドル(約1105億円)の赤字。前年同期の37億4800万ドルの黒字から、赤字に転落している。

赤字決算となった大きな要因は、ドライバーへの報酬だ。世界規模でのサービス拡大に伴い、ドライバーへの報酬が増し、収益を圧迫する要因になった。

ウーバー・テクノロジーズのダラ・コスロシャヒCEOは、「サービスを提供するすべての地域において、ライドシェアカテゴリーのリーダーシップを維持している」と語っている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ