gooポイント 1,000ポイントプレゼント 中古自動車web問合せ限定キャンペーン
gooポイント 1,000ポイントプレゼント 中古自動車web問合せ限定キャンペーン

ソフトバンク、センチメートル級測位サービスを法人向けに11月末から提供開始

テクノロジー レスポンス

ソフトバンクは、携帯電話の基地局を活用したセンチメートル級測位サービスの提供を11月末より法人向けに全国で開始すると発表した。

新サービスでは、準天頂衛星「みちびき」などのGNSS(衛星測位システム)から受信した信号を利用してRTK測位を行うことで、誤差数センチメートルの測位を可能にする。RTK測位とは、固定局と移動局の2つの受信機を利用し、リアルタイムに2点間で情報をやりとりすることで、高精度での測位を可能にする手法。ソフトバンクは、自社基地局の設置場所を活用することで、RTK測位に必要となる独自基準点(固定局)を全国3300か所以上に設置する。

具体的には、ソフトバンクの独自基準点が受信した信号を基に測位コアシステムで補正情報を生成し、ソフトバンクのモバイルネットワークを通して農機や建機、自動運転車、ドローンなどに搭載されたGNSS受信機(移動局)へ補正情報を配信。この補正情報と、GNSS受信機が受信した信号を活用してRTK測位を行うことで、誤差数センチメートルの高精度な測位がリアルタイムで可能になる。

なおソフトバンクでは、サービス開始に先駆けて、ヤンマーアグリ、鹿島建設およびSBドライブと連携し、農機の自動運転および運転アシストやドローンの自動制御を用いた建設現場管理、バスなどの自動運転および運転アシストなど、各産業での実用化に向けた共同実証を7月から順次行う予定だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ヤンマーアグリ、農機の自動運転および運転アシスト《写真 ソフトバンク》
  • 鹿島建設、ドローンの自動制御を用いた建設現場管理《写真 ソフトバンク》
  • SBドライブ、バスなどの自動運転および運転アシスト《写真 ソフトバンク》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ