三菱 L200 に上級仕様「チャレンジャー」、受注を欧州で開始

新車 レスポンス

三菱自動車の欧州部門は6月4日、新型『L200』(Mitsubishi L200)の「チャレンジャー」の受注を開始した、と発表した。

L200は、アジアなどでは『トライトン』(Mitsubishi Triton)として販売されている1トンピックアップトラックだ。新型では、「究極のスポーツ・ユーティリティ・トラック」というコンセプトと、歴代モデルの開発思想の「Engineered Beyond Tough」を掲げる。新世代の「ダイナミックシールド」フロントデザインコンセプトを採用した力強いデザイン、オフロードでの走破性を向上させた4WDシステム、先進の予防安全&運転支援技術の採用などが特徴になる。

三菱自動車の欧州部門は、この新型L200のチャレンジャーの受注を開始した。新型L200の上級グレードに位置付けられる。

外観は、フロントグリルやフロントバンパーの一部を、ブラック仕上げとした。17インチアルミホイールもブラックで塗装する。ホイールアーチエクステンション、サイドステップ、ドアミラー、ドアハンドル、リアバンパーもブラックで仕上げられる。

インテリアも、外装に合わせて、ブラックのレザー内装を採用する。前席にはパワー調整機能とヒーター機能が付く。Apple「Carplay」とグーグル「Android Auto」に対応した7インチのスマートフォン・リンク・ディスプレイオーディオシステム、バックカメラを標準装備する。

パワートレインは、2.4リットル直列4気筒ターボディーゼルエンジンを積む。最大出力は180hp、最大トルクは43.8kgmを引き出す。「スーパーセレクト4WD」を組み合わせている。

  • 森脇稔
  • 三菱L200チャレンジャー《photo by Mitsubishi》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ