マツダとトヨタの米新工場、生産ラインは「アポロ」「ディスカバリー」と命名…2021年稼働へ

業界 レスポンス

マツダ(Mazda)とトヨタ(Toyota)は6月11日、米国に建設中の新工場の生産ラインを、「アポロ」、「ディスカバリー」と命名すると発表した。

マツダとトヨタは2018年春、米国アラバマ州ハンツビル市に合弁新会社、「マツダ・トヨタ・マニュファクチャリングUSA」を設立した。2021年から、完成車の生産を行う予定だ。

マツダとトヨタは、新工場の建設に、折半出資で約16億ドルを投資する。4000名近くの従業員を新たに雇用する。2021年の稼働開始以降、マツダとトヨタ向けの各生産ラインで、マツダが北米市場に新導入するクロスオーバー車とトヨタ『カローラ』を年間15万台ずつ生産する計画だ。

マツダとトヨタは、この米国新工場の生産ラインを、アポロ、ディスカバリーと命名すると発表した。これは、新工場が立地するハンツビルが、米国の宇宙計画で主導的な役割を果たしたことに敬意を表するものになる。

  • 森脇稔
  • ハンツビル新工場建設で、最初の鉄骨の据付式(4月23日)《photo by Toyota》
  • ハンツビル新工場建設で、最初の鉄骨の据付式(4月23日)《photo by Toyota》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ