コンチネンタル、超小型ヘッドアップディスプレイ開発…スポーツカー向け

テクノロジー レスポンス

コンチネンタル(Continental)は6月17日、超小型の高性能ヘッドアップディスプレイを開発した、と発表した。スポーツカーなど、室内空間がタイトな車両向け、としている。

コンチネンタルは、ドライバーから見えるフロントガラスの仮想画像のサイズを最適化し、投影距離を変更した。これにより、ヘッドアップディスプレイの占有スペースを大幅に減らすことに成功したという。

コンチネンタルの新開発ヘッドアップディスプレイでは、従来よりもわずかに小さい投影面積で、情報を正確に視覚化できる。コンチネンタルによると、視野が狭くなったことにより、ほとんどの自動車メーカーの車両に搭載できるという。

ヘッドアップディスプレイを利用すれば、ドライバーは必要な情報を、安全に受け取ることができる。ドライバーは、警告メッセージや制限速度などの重要な情報を認識。コンチネンタルは、ヘッドアップディスプレイを、自動運転に向けた時代の重要技術のひとつに位置付けている。

  • 森脇稔
  • コンチネンタルの超小型ヘッドアップディスプレイ《photo by Continental》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ