メルセデスベンツ、ボルグワーナーの最新2ステージターボ採用…GLE 新型にも搭載

業界 レスポンス

ボルグワーナー(Borg Warner)は6月18日、同社の最新の2ステージターボチャージャーが、メルセデスベンツに採用された、と発表した。

ボルグワーナーの最新の2ステージターボチャージャーは、「R2S」と呼ばれる。R2Sでは、可変タービンジオメトリー(VTG)ターボチャージャーと低圧用のウエストゲートターボチャージャーを組み合わせている。

この2ステージターボチャージャーを、メルセデスベンツは最新のディーゼルエンジンに採用した。「OM654」型と呼ばれる直噴2.0リットル直列4気筒ターボディーゼルエンジンだ。

このエンジンは、ディーゼルとしては初めて、鋼鋳造タービンハウジングを採用した。これにより、高い熱抵抗を可能にする。また、エンジン燃料噴射において、最適な空気供給を可能にした。その結果、燃料消費とCO2排出量を抑えている。

なお、このエンジンは、日本にも導入されたばかりの新型『GLE』の「300 d 4MATIC」グレードにも搭載されている。

  • 森脇稔
  • メルセデスベンツGLE300d《写真 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスベンツGLE300d《写真 メルセデス・ベンツ日本》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ