【スーパーフォーミュラ 第3戦】速さ圧巻の山本尚貴、「腑に落ちない」終わり方となった予選を制して今季初ポール[写真4]

  • ポールポジションを獲得した#1 山本尚貴(予選直前)。《撮影 遠藤俊幸》
  • ポールポジションを獲得した#1 山本尚貴(ポール会見時)。《撮影 遠藤俊幸》
  • ポールポジションを獲得した#1 山本尚貴(写真は金曜の走行)。《撮影 遠藤俊幸》
  • 予選2位となった#16 野尻智紀(写真は金曜の走行)。《撮影 遠藤俊幸》
  • 左から予選2位の野尻、ポールの山本、3位のアウアー。《撮影 遠藤俊幸》
  • 赤旗中断からまもなく、予選終了を告げる一文がタイミングモニターに。《撮影 遠藤俊幸》
  • 中嶋一貴(中央左)と小林可夢偉(同右)のルマン、WECでの活躍に対し、日本レース写真家協会と日本モータースポーツ記者会からの花束贈呈が土曜午前に行なわれている。《撮影 遠藤俊幸》
  • 選手トークイベントを見るファンの背中に、東北ならではの“地域柄”も。《撮影 遠藤俊幸》

全日本スーパーフォーミュラ選手権(SF)第3戦の予選が22日、宮城県のスポーツランドSUGOで行なわれ、選手、観客の多くが消化不良感を抱く終了形態となった混乱のなか、前年王者の山本尚貴が今季初ポール獲得を達成した。Q2では1分03秒953という圧倒的タイムも記録している。

レスポンス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ