ZFのアクティブ後輪操舵、ポルシェやフェラーリも採用…50万基を出荷

業界 レスポンス

ZFは6月26日、アクティブ・リアアクスル・コントロールシステムの「AKC」が、生産開始から6年で50万基を出荷した、と発表した。

ZFのAKCは、狭い市街地を低速走行する場合には、後輪を前輪と反対方向に操舵し、ヨーレートを向上させる。これにより、回転半径を1割ほど短くでき、取り回し性が引き上げられる。60km/h以上の高速走行時や障害物回避操舵などの際には、後輪を前輪と同じ方向に操舵し、安定性と運動性能を同時に高める。

ZFのAKCは2013年、ポルシェ『911ターボ』と『911 GT3』に採用されて、量産が開始された。また、フェラーリ『GTC4 ルッソ』にも採用されている。ポルシェ『パナメーラ』では、大型シングルアクチュエータ型AKCがリアアクスル中央に配置されている。

またAKCは、アウディ『Q7』などのSUVや、キャデラック『CT6』やBMW『7シリーズ』などセダンにも採用されている。AKCはどのパワートレインにも対応しており、エンジンからハイブリッドやEVまで、あらゆるタイプに搭載できる。

ZFによると、後輪操舵機能はとくに、緊急時や制動時の安全性を飛躍的に高めるという。さらに、AKCは前輪の角度を変えずに部分的な車両操舵が可能なため、自動運転やそれに必要なシステムの冗長化にも対応する、としている。

  • 森脇稔
  • ZFのアクティブ・リアアクスル・コントロールシステムの「AKC」が生産開始から6年で50万基を出荷《photo by ZF》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ