いすゞ、スズキ、スバル、ダイハツ、マツダの5社がMONETと資本・業務提携

業界 レスポンス

いすゞ自動車、スズキ、SUBARU(スバル)、ダイハツ工業、マツダの5社は、ソフトバンクとトヨタ自動車の共同出資会社であるMONETテクノロジーズと、それぞれ資本・業務提携に関する契約を締結したと6月28日に発表した。

これにより5社は、2019年8月までにMONETに出資し、約2%の株式を取得する予定。

また、同時に、今年3月にMONETとの資本・業務提携を発表している日野とホンダは、MONETに追加出資を行い、それぞれ約10%の株式を保有する予定。

今回の提携について、MONETの宮川 潤一社長 兼 CEOは、「この提携により、トヨタと日野、ホンダに加えて、いすゞ、スズキ、スバル、ダイハツ、マツダの車両やモビリティサービスから得られるデータを、MONETのプラットフォームに連携できるようになる。自動運転社会に向けた高度なMaaSプラットフォームの構築には、多くのデータとの連携が不可欠であり、今回の提携はMONETが目指すMaaS事業をさらに加速させる」とコメントした。

  • 丹羽圭@DAYS
  • MONETの株主構成および出資比率(各社からの出資完了後)《写真 ホンダ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ