VWとフォードモーター、提携を拡大…自動運転車やEVの分野にも

業界 レスポンス

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)とフォードモーター(Ford Motor)は、グローバル規模での提携を拡大すると発表した。

フォルクスワーゲングループとフォードモーターは2018年6月、戦略的提携に向けた覚書を交わした。その内容は、小型商用車を共同開発すること。顧客のニーズの変化にこれまで以上に対応するために、商用車ラインナップを共同開発する。

さらに両社は、フォードモーターが得意とする中型ピックアップトラックと、フォルクスワーゲングループが得意とする商用バンを両社が共同開発することでも合意。2022年から世界市場に投入していく。

今回の提携拡大では、フォルクスワーゲングループは、フォードモーター傘下の自動運転子会社、アルゴAIに出資する。これにより、フォルクスワーゲングループは、アルゴAIの自動運転システムを自社の車両に組み込むことが可能になる。さらに、自動運転の分野において、フォルクスワーゲングループとフォードモーターは、スケールメリットを生かすことも可能になる。

また、フォードモーターは、フォルクスワーゲングループが開発した次世代電動車用プラットフォーム「MEB」の供給を受け、2023年から欧州市場向けに投入するEVに搭載する、としている。

  • 森脇稔
  • 提携拡大を発表するVWグループとフォードモーターの両首脳《photo by VW》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ