マルチ・スズキの日本式ものづくり学校、電動車の基礎理論トレーニングを初導入へ

業界 レスポンス

スズキのインド子会社、マルチスズキ(Maruti Suzuki)は7月15日、新たな職業訓練校「マルチ・スズキJIM」を開校し、ハイブリッド車やEVに関する基礎理論トレーニングを開始すると発表した。

「JIM」は、インド製造業の人材育成支援を目的とした日本式ものづくり学校だ。2016年にインドと日本の両政府によって合意された「ものづくり技能移転推進プログラム」の一環として、インドに進出している日系企業が経済産業省と連携を取りながら、設立を進めている。

マルチ・スズキJIMは、インドの職業訓練学校として、マルチ・スズキが最新の教育設備や人材を投入して運営する。自動車整備、ディーゼルエンジン整備、板金修理、塗装修理、溶接など8つのコースで実践的な訓練を行っている。

マルチ・スズキは、インドで2校目となるマルチ・スズキJIMをハリヤナ州グルグラムに開校した。このJIMでは、年間500名のものづくり人材の育成・輩出を予定している。その特色は、JIMとして初めて、ハイブリッド車やEVに関する基礎理論トレーニングを行う点だ。マルチ・スズキは、将来のEV革命への準備、としている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ