【日産 スカイライン 新型】多彩なサービスで安心と便利さを提供する「Nissan Connect」[写真2]

  • 7月16日に日産本社で開催された新型スカイラインの記者発表会《撮影 会田肇》
  • 地図データは3D高精度マップデータを含め、OTAによって自動更新される《画像 日産自動車》
  • 「ドアtoドア」玄関先から最終目的地まで、カーナビとスマホを連携させて案内できる《画像 日産自動車》
  • 「docomo in Car Connect」車内でWi-Fiが使い放題となる《画像 日産自動車》
  • 「ドライブ制限アラート」一台を家族で共有している場合など、設定値を超える使い方をすると指定スマホに知らされるサービス《画像 日産自動車》
  • 「プロパイロット緊急停止時SOSコール」ドライバーが警告に反応しない場合、ハザードランプを点けて徐々に減速して停止。停止後にオペレータに自動接続する《画像 日産自動車》
  • 「Nissan Connect」のサービス全体像《画像 日産自動車》
  • 新型スカイラインの運転席回り《撮影 会田肇》
  • ドライバーの視線を監視する赤外線カメラ《撮影 会田肇》
  • 新型スカイライン《撮影 会田肇》
  • 新型スカイライン《撮影 会田肇》
  • 新型スカイラインの発表会には、フェンシングの銀メダリストの太田雄貴氏がアンバサダーとして出席した《撮影 会田肇》
  • プロパイロット2.0のメインスイッチと車線移動承認ボタンはハンドル内に用意された《撮影 会田肇》

クルマと社会がつながることによる、全く新しいカーライフの提供を目指している日産は、7月16日に発表した新型スカイラインで次世代コネクテッドサービス「Nissan Connect」を登場させる。ここではプロパイロット2.0とも連携するこのサービスについて解説したい。

レスポンス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ