ZF、4世代目8速AT発表…パワーエレクトロニクスとの一体設計に初めて成功

業界 レスポンス

ZFは、ドイツで開催した「グローバル・テクノロジー・デイ2019」において、4世代目となる8速ATを初公開した。

ZFは4世代目の8速ATで、モーターを制御するパワーエレクトロニクスをトランスミッションハウジング内に収めることに初めて成功した。ハイブリッドドライブの車体への組み付けにおける複雑さが解消され、通常のトランスミッションとほぼ同様となるため、完成車メーカーに大きなメリットをもたらすという。車内の高電圧ケーブル数も減るため、安全性の向上にもつながる。

トランスミッションのサイズを変えずに、パワーエレクトロニクスを内部に収めるには多くの課題があった。ZFは、さまざまな改良に加えて、冷却系に新たな考え方を導入することにより、この課題を解消している。パワーエレクトロニクスに使用されている半導体は熱を持つ。ZFは、パワーエレクトロニクスを車の空調システムの冷却系に接続することにより、この問題を解消した。

さらに、ギアシフトを行う油圧システムの大幅な小型化も行った。従来、3.1リットルだった8速ATの油圧制御ユニットは、1.8リットルとコンパクト化。主に、ダイレクトシフトバルブを使用することで、小型化を実現した。エレクトロマグネティック(電磁)アクチュエーターの採用により、従来の電動プレッシャーアクチュエーターに必要だった追加のピストンやブッシュ類も不要にしている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ