ホンダコレクションホール、初のラリー車両企画展開催へ 黎明期編を9月12日より

モータースポーツ レスポンス

ツインリンクもてぎ内の「ホンダコレクションホール」は、同館初となる初となるラリー車両の企画展「RALLY WORLD〜日本の挑戦車たち〜 Part1 黎明期編」を9月12日から12月9日まで開催する。

これまで、日本の多くの自動車メーカーは世界のさまざまなラリーに挑戦し、その経験をクルマづくりに活かしてきた。今回の企画展では黎明期編として、日産ダットサン「1000セダン桜号」(1958年)や三菱「コルトギャラン16LGS」(1972年)など、主に1970年から1980年代前半に活躍したラリーマシン9台を紹介する。

入場は無料(別途ツインリンクもてぎへの入場・駐車料金が必要)。

●主な展示予定車両

・日産ダットサン1000セダン桜号(1958年)

・三菱コルトギャラン16LGS(1972年)

・マツダRX-7 Gr.B仕様ラリーカー(1984-86年)

・三菱スタリオン4WDラリー(1984年)

・ホンダ・バラードスポーツCR-X Siラリー仕様(1985年)

・トヨタ・セリカ・ツインターボ(1985年)

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 日産ダットサン1000セダン桜号(1958年)《写真 NISSAN HERITAGE COLLECTION》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ