職人技に圧倒された! マツダ「自動車専用船見学会」開催

業界 レスポンス

マツダは、毎年恒例の人気企画「夏休み親子船積み見学会」を今年も開催。事前申し込みの上で抽選で選ばれた39組78名が26日、広島港で自動車運搬船を見学した。

回を重ねるごとにますます人気のこのイベント、今年は328組656名の事前応募があり、これは過去最高の申込者数だったという。朝、参加者たちはマツダ本社正面玄関に集合し、そこから構内をバスで移動。工場の敷地内を抜けて、マツダの工場の先にある広島港自動車専用ふ頭に停泊中の、商船三井が所有する自動車運搬船「アクアマリンエース号」を見学した。

移動に先駆けて注意事項などの説明を受けた後、ヘルメットを受け取ると、まずクルマの積み込みを見学。商品車数台と送迎用の乗用車が連なって隊列をなし船内に進入。最低限の合図で的確にミリレベルの精度で積み込み作業を行っていく様子などを見学した。その後、船内の見学。操舵室や、食糧庫、乗組員居住エリアなどを見学した。

また、ラッシングベルト(固定器具)を用いた車両固定作業も体験した。積み込んだ船が航海中の揺れで動いてしまい、傷つくことがないよう、実際積み込みを行っているスタッフから説明を受けながら実践した。

参加者も「クルマに限らず乗り物が好きなので貴重な機会に参加できてうれしい」など、子供たちから好評の声が多数聞かれたのはもちろんのこと、同伴で参加していた親御さんからも「かなりのスピードで次々に積み込まれている様子が見れたのは感激でした。普段、バックモニターなどを使っても慎重になりますので、やはり、一日に何百台と積み込まれているプロの仕事は凄いなと思いました。」といった、実際自動車ユーザーだからこその感想も聞かれ、親子が一緒に発見や感動を共有できる機会になっていたようだ。

見学会で積み込みを見学したアクアマリンエース号は、この日に広島で3000台弱を積み込み、翌日山口県の中関港へ移動し、防府工場で完成されたクルマをさらに1700台弱積み込んで、太平洋を渡る航海に出るという。寄港地はアメリカのタコマ、カナダのニューウェストミンスター、そこから再び南下して、アメリカのサンディエゴが最終目的地だという。

  • 中込健太郎
  • 今回は、北米エリアに向けて出発準備、アクアマリンエース号の車両積み込みだ。《撮影 中込健太郎》
  • 集合後、工場敷地内を移動してきた参加者たち。《撮影 中込健太郎》
  • 船員さんから注意事項や基本的な説明を受けていざ出発。《撮影 中込健太郎》
  • 北米向けの航海なので、当然積み込むクルマはすべて左ハンドル。《撮影 中込健太郎》
  • 様々なサイズのクルマを積み込むので、積む順番、位置が決まる。《撮影 中込健太郎》
  • 手際よく積み込まれていくクルマを熱心に撮影する参加者。《撮影 中込健太郎》
  • 誤操作を防ぐために、停止中はリバースギヤが都度戻されるなど、行動の一つ一つで最も安全でなおかつ効率的な方法が作業の随所から見て取ることができる。《撮影 中込健太郎》
  • 動く、ハンドルを切る、ハンドルを停める。そうした一連の動きの指示を増えの会合図だけで行っていく。《撮影 中込健太郎》
  • 位置が決まったら、固縛をしっかりと分担して行っていく。《撮影 中込健太郎》
  • 精度高く停めたからこそ、少しの揺れや、それに伴うズレで傷をつけないように、固定されていた。《撮影 中込健太郎》
  • 30周年記念のロードスターも。4500台積んで出発するこの船には、世界中で待っているユーザーと共に、4500のあらたなストーリーが始まろうとしているのだ。《撮影 中込健太郎》
  • 広島港ではマツダ3もさっそくたくさん出発を待っていた。《撮影 中込健太郎》
  • ラッシングベルトでの固定実演。しっかりテンションが張られているか、ねじれていないか。それを手際よく確認していく。《撮影 中込健太郎》
  • 舘山船長の挨拶。台風の影響で、沖で4日間ほど待機してようやく入稿できたのだそうだ。4日間は稀だそうだが、安全第一の為に待つこともいとわない、とのこと。《撮影 中込健太郎》
  • 海賊ガス壺津する海域もあるとのことで、防弾チョッキなどの防護服も備えられているという。まさに、命がけで新車を送り届けているのだ。《撮影 中込健太郎》
  • 海図を使ってしっかり位置と周辺の海域の安全も把握する。沖合でより沿岸での確認作業は三つに行うそうだ。《撮影 中込健太郎》
  • 船内も、屋外も暑さが厳しく、スタッフが補給用の水分を携行して開催された。《撮影 中込健太郎》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ