【鈴鹿8耐】2時間経過時点でトップはYAMAHA FACTORY RACING TEAM

モーターサイクル レスポンス

鈴鹿8耐=“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会はスタートして2時間が経過。No.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMがトップに立ち、1秒以内でNo.33 Red Bull Hondaが追う展開となっている。

11時30分にスタートした決勝レース。序盤はNo.12 YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACINGを先頭にNo.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM、No.10 Kawasaki Racing Team、No.1 F.C.C. TSR Honda France、No.33 Red Bull Hondaの5台がトップグループを形成していた。途中、クラッシュしたマシンの排除のためにセフティーカーが入ったが、リスタート後もこの5台によるトップ争いは続いた。

しかし1時間を経過し1回目のピットストップを挟んでトップグループはYAMAHA FACTORY RACING TEAMとRed Bull Hondaの2台に絞られ、2時間経過時点では2位のRed Bull HondaがトップのYAMAHA FACTORY RACING TEAMを1秒以内の差で追っている。

ペナルティでピットレーンからスタートしたNo.634 MuSASHi RT HARC-PRO.Hondaは最後尾から一気に順位を上げ、1時間49分が経過した48周目、ついにシングルポジションとなる9位まで挽回。2時間経過時点では7位までポジションアップを果たし、さらなる上位躍進を目指している。

2時間経過時点トップ10

1:No. 21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM

2:No. 33 Red Bull Honda

3:No. 10 Kawasaki Racing Team

4:No. 1 F.C.C. TSR Honda France

5:No. 12 YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING

6:No. 7 YART-YAMAHA

7:No. 634 MuSASHi RT HARC-PRO.Honda

8:No.19 KYB MORIWAKI RACING

9:No. 95 S-PULSE DREAM RACING・IAI

10:No. 4 EVA・RT WEBIKE TATi TEAM TRICKSTAR4

  • 藤木充啓
  • スタートシーン《Photo:Kazuhisa Masuda/撮影 益田和久》
  • 2時間経過時点でトップのNo.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM《Photo:Kazuhisa Masuda/撮影 益田和久》
  • 2時間経過時点で2位のNo.33 Red Bull Honda《Photo:Kazuhisa Masuda/撮影 益田和久》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ