スバルの世界生産台数、操業停止が響き2.0%減の48万8757台 2019年上半期

業界 レスポンス

SUBARU(スバル)は7月30日、2019年上半期(1〜6月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年同期比2.0%減の48万8757台となり、2年連続で前年割れとなった。

海外生産は2018年5月に生産を開始した『アセント』が寄与し、同16.0%増の20万2850台と2年ぶりに前年実績を上回ったが、国内生産は同11.7%減の28万5907台で3年連続のマイナス。1月16〜26日の、外製部品(電動パワーステアリング装置)不具合による操業停止や操業条件の変更等が影響した。

国内販売は同9.5%減の6万9330台で2年連続のマイナスとなった。登録車は新型『フォレスター』が好調だったが、『レヴォーグ』や『インプレッサ』等が減少。軽自動車も『プレオ』等が減少し、同18.3%減の1万3212台と2年連続で前年同期実績を下回った。

輸出は 国内生産が減少した影響で同12.4%減の22万7488台。2年連続の前年割れとなった。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • フォレスター《撮影 雪岡直樹》
  • アセント《photo: Subaru of America》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ