gooポイント 1,000ポイントプレゼント 中古自動車web問合せ限定キャンペーン
gooポイント 1,000ポイントプレゼント 中古自動車web問合せ限定キャンペーン

FCA世界販売、日本は8.5%増 2019年上半期

業界 レスポンス

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は7月31日、2019年上半期(1〜6月)の世界新車販売(出荷ベース)の結果を発表した。総販売台数は219万4000台。前年同期比は12.4%減だった。

市場別実績は、米国が109万6110台を販売し、前年同期比は2%減だった。ラムブランドが、前年同期比28%増の33万3168台と好調。主力の大型ピックアップトラックが、28%増の29万9480台と牽引する。

ジープブランドは、前年同期比8%減の45万6281台を販売した。『グランドチェロキー』が、13%増の12万3272台と伸びた。新型ピックアップトラックの『グラディエーター』は、7252台と良好な立ち上がりを示す。

欧州は上半期、54万0540台を販売し、前年同期比は9.5%減と、2年連続のマイナスだ。ブランド別では、アルファロメオが41.6%減の2万9336台と、後退した。ランチア(クライスラーを含む)は27.4%増の3万4782台と回復した。主力のフィアットブランドは、10.2%減の38万0570台と減少傾向にある。ジープブランドは、2%増の9万2125台とプラスを保った。

また、日本では上半期、ジープ、フィアット、アルファロメオの3ブランド合計で、1万0698台を販売した。前年同期に対して、8.5%増と前年実績を上回っている。

  • 森脇稔
  • ジープ・グラディエーター《photo by Jeep》
  • ラム 1500 新型《photo by RAM》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ